新婚時代はあんなに求められたのに産後は全く旦那が求めてこない…。こんなに悩んだのは結婚してから初めてかもしれません。本当に自信をなくして落ち込みましたが、3つの作戦を立てて実行したところ旦那は驚くべき反応を示したんです!特に「もっと早く出会っていたかった…!!」と思うある作戦については同じ悩みをもつ方に自信をもっておすすめします^^

産後旦那が求めてこない時に試すべき3つの作戦

求めてこない旦那

「女として見られなくなった」が1番の理由ではない

旦那はなんで私を求めてこないの?


産後に限らず、
旦那が一向に誘ってきてくれなくなった時
まず思うのは

 
  • もう私のことを女として見られなくなったのかな


ということではないですか?
または

 
  • 産後、体型が戻らないからその気になってくれないのかな

だったり。


私も真っ先にこれらのことを考えました。
女性は、

 

旦那から求められること=女として求められること


と考えがちなので、
求めてもらえれば「まだ私は大丈夫!」
求めてもらえなくなると「女性としてもう私はダメなの?」
なんて考えてしまうんだと思います。


でも、実際
旦那たちは出産し母となった妻を、
「女として見られなくなった」のでしょうか…?


インターネット上で見かける男性側の意見としては…

 

決して妻を女性として見られなくなったわけではなくて、
産後体も辛そうな妻を見ていたら誘ってはいけない気がしてそのままタイミングを無くしてしまった

立会い出産をして、妻の体が神聖なもののように思えてしまい
自分の「したい」という気持ちをぶつけるのをためらってしまうようになった

産後1度誘った時に妻にキレられて以来、誘えなくなってしまった


というものがありました。

中には「女として見られない」という意見もありましたが
意外にもそれって少数派で
大多数は上に挙げたような意見だったんです。


私たちは「なんで誘ってくれないの…」と悲観してしまうんですが、
男性側も実は結構こちらの身体なり環境を
気遣ってくれているのかもしれません。


つまり、気持ちがすれ違ってしまっている状況ですよね。
これは切ないです…なんとかするしかありません。

 

旦那の心をほぐしてあげる


産後、女性は身体の面も心の面も
大きな変化を余儀なくされて
しばらくの間、心身ともに緊張状態にあります。

夜は赤ちゃんのほんの小さな声でも
すぐ目が覚めますし
24時間いつだって授乳の必要に迫られますよね。

それに対して、旦那たちは赤ちゃんが生まれた後も
今までと変わりのないペースで毎日を過ごしているように見えます。


「毎日外(会社)に行って人と会話ができていいよねー」

なんて勝手なことを思ったこともありました。


でも実際、旦那たちは本当にそう呑気に過ごしているんでしょうか?

案外、そうではなくて男性は男性なりに気を使って、
産後すっかり変わった家の中の空気に必死に自分を適応させて
気を張っているのかもしれません。

そして、そういう葛藤を妻の前では見せられないのかもしれません。

産後、いろいろな環境が変わったのは旦那も一緒。



「私のほうが大変!!」「俺のほうが大変だ!!」
なんて不毛なことを言い合うのではなくて、
相手の心をほぐしてあげたい…という気持ちをほんの少しでも持つことができたら…

状況は少しずつ変わってくるかもしれませんよね。


ではどうやって旦那の心をほぐしましょう?


私が実践したことは、こちらに書いた通りで、


 
  • 夕飯の品数を増やす
  • 旦那の好物の品を必ず1品作る
  • 晩酌に付き合う

など、ちょっとだけ頑張ったらできるような簡単なことでした。

それでも効果は抜群でしたよ♪

あとは、いい香りを漂わせて嗅覚からリラックスさせてあげたり…^^
>>旦那に効果抜群だったいい香りの香水はこれ♪ 産後旦那が求めてこない香水

「こんなこと意味ある?」と思うようなちょっとしたことでも
相手は嬉しかったりします。

だって、自分が逆の立場だったら…旦那からのちょっとした行動1つでも
嬉しいですよね!


「セックスレス」として問題を捉えると、
どこからどう対処していいやら…と頭を抱えてしまいますが、

小さいことから少しずつ行動してみると、
意外にも絡まった糸はするするっと解けていくかもしれません^^





 

疲れている・・・はただの言い訳?

疲れていたら本当にデキないの?


旦那さんに、「疲れているから…」と断られたことはありますか?
もしくは、疲れたオーラを放ち過ぎていてこちらから誘うに誘えないとか…。

私は、レス解消を試みて旦那を誘っていた時、いつも決まって「疲れているから寝たい…」と断られていました。

疲れてる疲れてるって…
私だって疲れているわ!


と心の中で叫んでいました。

「疲れている」という言葉をまるで免罪符と思っているかのように繰り返す旦那…。
確かに仕事で疲れているのはわかります。
でも疲れていたら本当に性欲が沸いてこないのでしょうか…?


それに関して、
コンドームでおなじみの相模ゴム工業株式会社が実施したアンケートのまとめ
「ニッポンのセックス」に興味深いデータがありました。(参考:ニッポンのセックス/相模ゴム工業株式会社

「セックスしたくない理由」という問いに対する答えが以下です。



30代男性の8割が「疲れている」「面倒くさい」
40代男性においても7割は「疲れている」「面倒くさい」


という結果なんですね。

そして意外にも「結婚(交際)相手とのセックスに飽きている」
という理由を挙げた割合がどちらの世代でも1割程度なのです。

世の中の30代40代男性は本当に「疲れていて面倒くさい」から
セックスをしないということがわかりますね。

ただ、以前は「疲れているから」を決め台詞にしていた私の旦那は今では
「疲れているからセックスしたい」と言うんです。アンケート結果とは真逆ですよね!?

理由は
「セックスで癒されたいから」とのこと。

このことから思うに、


 

レス状態(=夫婦でのセックスに対して負のイメージがある状態)を解消
⬇︎ ⬇︎ ⬇︎
セックスに対してポジティブなイメージ
(癒される、夫婦仲が良くなるなど)を持てるようになる



結果「疲れていてもセックスしたい」という状態になるんだと思うんです。


だから「疲れているからできない」という旦那さんに対して、
セックスのイメージを変えさせることが理想ですね!

とはいえ…そう簡単なことではないのも事実。

「疲れてる」という旦那さんには
性欲を高めるような食事をたっぷり摂ってもらいましょう!

そして、嗅覚を刺激です^^ここお忘れなく♪

>> 求めてこない旦那が激変した理由はアレだった!

旦那は「誘ってこない」のではなく「誘えない」のかも?

旦那が求めてこない理由を考えて見る


私の旦那は産後1年半以上、
1度足りとも誘ってきてくれることはありませんでした。

そして私はその事実だけを見て、
自信をなくし落ち込みました…。



 
  • 女性としてのプライドを傷つけられたという落ち込み
  • もう二度とセックスをしないのではないか?という焦り
  • 今後、旦那と円満な夫婦関係を維持していけるのか?という不安



そしてひとしきりとことん落ち込んだ後、
このまま諦めるわけにはいかない!
と気持ちを立て直して

産後に陥ったセックスレスを解消するべく
いろいろと奮闘したのです。

>>産後のセックスレス解消奮闘記はこちら!


その成果があって
私たちは産後セックスレスを解消することができたのですが…

そもそも
新婚時代に性欲旺盛だった旦那が
どうして産後に1年半以上も
誘ってきてくれなかったんだろう…


と考えてみたんです。


もちろん、セックスレス中にも考えました。

でもその時はとにかく自分自身が落ち込んでいたので



 
  • きっともう私のこと女とは見れなくなったんだ…
  • 産後で体型が崩れたから抱けないんだ…



などなど
誘われない原因は自分にあると
決めつけていた部分があったのです。


でも晴れて産後のセックスレスを解消してから
改めて
「旦那が求めてこなかった理由」を考えてみた時、
以前とは違う理由が浮かんできたんです。


 

旦那は本当は誘いたかったのかもしれない


夫婦生活を解禁して良いのは産後1ヶ月。
私は息子の1ヶ月検診で先生からそう告げられた時、
夜旦那にもそのことを伝えました。

「もう今日から夫婦生活オッケーって言われたよー」

と。


とはいえ、
まだまだ産後すぐで私自身が本調子でなかったので
したいという気持ちは当時はゼロ。

旦那はどうだったのかわかりません。

でも、もともと性欲旺盛な旦那です。
その話を聞いて
「もうオッケーなのか!」
一瞬でもきっと嬉しい気持ちはあったと思うんですよね。


ただ現実を見れば
目の前にいる妻は
初めての育児に追われて常に必死…。

夜旦那が帰宅する頃には
抜け殻状態 もしくは 寝かしつけがうまくいかず
目もうつろでゆらゆら抱っこしている状態…。

当然、帰宅時の妻はすっぴんで
時には添い乳をしている…
(余談ですが添い乳って、パパになりたての男性にとっては
結構衝撃の光景だそうです…!)




こんな状態の妻を見ていたら

「誘いたくても誘えない」

というのが正直なところかもしれません。



そしてひとたび、
誘うタイミングを逃してしまった旦那は
その後時間が経てば経つほど
セックスの話題を振ることができなくなり

3ヶ月、半年、1年…

と時間が経過するにつれて
諦めの気持ちがどんどん大きくなっていった…


というのは
容易に想像がつきました。



当然、働き盛りでもともと性欲旺盛な30代の旦那が
突然性欲を失うはずもないので

その性欲の解消として
夜な夜なアダルト動画で一人解消…

というのは、
よく考えてみれば
自然な流れだったのかもしれません。


そしてそれが日常となって
もはや妻を誘おうなんて考えもしなくなっていた時、
私が突然誘ったわけですよね。


そこで喜んで応じてくれる男性もいるのでしょうが、
私の旦那の場合は、
自分の中で完全に諦めて蓋をしていた部分だったし
性欲はアダルト動画で解消できているので

「疲れてるから…」

という言葉が出てきたのかもしれないなと思ったのです。


 

誘ってこない旦那にモヤモヤする前に妻側からもサインを!


後から考えれば
誘ってこない旦那にモヤモヤとした気持ちを募らせる前に
もっと旦那が誘いやすい雰囲気なり態度なり…を
出すべきだった
と思うんです。

確かに産後しばらくは
私自身の気持ちがセックスにほぼ向いていませんでした。

でも、そんな日々の中でも


「そういえば全然再開できてないなぁ…」
「旦那はどうしているんだろう…」



なんて思うことは多々ありました。


当時の私は、
後にあんなに落ち込んで涙を流す日が来るなんて
考えてなかったんです。

そのうち自然に再開するんだろう…

とタカをくくっていました。



でもそんな簡単なことではないということが
今ならわかるし、
そんなことなら
あんな気持ちになるもっともっと前に、

私から旦那の気持ち(誘いたいけど誘えない…)を想像して
何かしらアクションを起こせば良かった!!



と強く強く思うんです。



それからというもの、
産後に旦那さんとの関係が微妙だ…と嘆く友人には
「セックスレスは早めに対処したほうが絶対いいよー!!」
と私の体験を含めて力説しています(笑)


夫婦、父親と母親…
だけど
そんな私たちは一人の男性と一人の女性であって
お互いの気持ちを想像して気持ちを寄せ合わなければ
簡単に溝ができてしまう

ということを忘れてはいけないですね!



>>私が成功した産後セックスレス解消の方法はこちらから